朝比奈颯季 ネット小説 / Satsuki Asahina Web Novel
軽井沢ヴィラ・ヘメロカリス ホームヘ( Home ) 目次ヘ(Index )

第1章 プロローグ

 茜色に染まった空と海。その境界に、美しい独立峰が聳えていた。
 稜線は、左右均等になだらかに広がり、海上に浮ぶ巨大な影絵のようだった 。
 血のように赤く染まった笠雲が、山頂付近に掛かっていた。

「何もかも捨てて、駆け落ちしてしまえ」と茜色に染まった潮騒が、愛子をそそのかした。高ぶった気持ちのまま、連れ添って歩いていた恋人と情熱的なキスを交わした。
   

 不意に背後から、カメラのシャッター音が聞こえてきた。背後に目をやると、砂丘の手前で、男が三脚を構えてシャッターを切っていた。
 勝手に被写体にされていたことへの非難を込めて、きつく睨み付けた。すると、男がファインダーから顔を上げて、にこやかな笑みを浮かべて会釈した。人の良さそうな初老の紳士だった。

 愛子は、閃いた。彼が今、撮った写真を送って貰おう。今日は七夕だが、笹に短冊を結ぶ機会もないだろう。
 愛子は、恋人の腕から離れて、三脚の後ろで微笑む男に、歩み寄って行った。
「今、私たちを撮りましたよね?」
「えぇ、黙って撮ってすいません。でも、私が撮りたかったのは夕焼けの風景でして、別にあなたを狙って撮った訳じゃないんです」 
 初老の紳士は、バツが悪そうに弁明した。
「咎めている訳じゃないんです。出来れば、あなたが撮った写真を記念に送って頂けないでしょうか?」
「私の撮った物でよければ送りますよ。ただ、逆光になっていたので、シルエットになって顔はよく分からないと思いますよ」
「それでも良いんです。旅の記念に写真を撮りたかったんですけど、持ってきたカメラが壊れちゃって…」と愛子は嘘を付いた。
「分かりました」
「ありがとうございます」
 愛子は、紳士に郵送先を教えてから郵送代を手渡した。
 その後、渚で佇む恋人のもとへ戻った。
 そして、砂浜の上に二筋の足跡を残しながら、ゆっくりと歩を刻んだ。
 やがて、太陽は海上に沈み、大地は夜の帳に閉ざされていった。

 愛子は海辺のペンションの一室から、恋人と共に夜空を見上げていた。
 天の川には、織姫(ベガ)と彦星(アルタイル)が煌々と輝いていた。 二人は、窓辺で口付けを交わし、そのままベッドへ移り、熱く、甘く、互いの体を求め合った。
 
参考写真 : 織姫と彦星(Astro Arts website より)

 夜中にふと目が覚めた。恋人は、横で静かに寝息を立てていた。起き上がって、窓を開けると、潮騒が心地よく耳に響いた。
 まるで、天の川の渚にいるような気分だった。
 明日になれば、恋人と別れて軽井沢へ戻らなければならない。
 愛子は、織姫になったような気分で、星空を見上げて、「二人に永遠の愛を下さい」と祈った。

 第1章 終了

→ 第2章 軽井沢の夜明け へ

→ このページのトップへ戻る


    

★お読み頂き、ありがとうございます。

朝比奈颯季の作品や活動を応援して頂ける方からのご寄付をうけたまわっております。
 Yahoo!JAPAN ショッピング
 朝比奈颯季 Yahoo!店にて
:10円から

 
 例) 10円 ご寄付いただいた方には、
 活動応援金10の画像(JPEG)を Eメールにて贈呈します。


= 関連リンク =
★当Web siteは、鈴木保奈美 を応援しています








当Web site、小説などの著作権は朝比奈颯季(作者)に帰属します。
(C) 2009 Satsuki Asahina All Rights Reserved.
リンクフリー / Link Free