真田幸村伝説殺人事件 ホームヘ
( Home )
目次ヘ
(Index )

第1章 上田城殺人事件

  海野元気の日課は朝のんびりと近所にある上田城を散歩することだ。その日、上田城の中を散歩していると石垣の上にカラスが集まりせわしく鳴きたてていた。妙に気になってカラスたちを追っ払おうとわざとドスドスと足音を大きくして走って近づいた。カラスたちが飛び去った石垣の上に立つと眼下のお堀に大きな物体が浮かんでいた。階段を下りてお堀の近くまで行き目を凝らしてみた。「人だ。人が死んでる」と思わず腰が抜けてその場にへたり込んでしまったが手の震えを抑えながら警察に通報した。警察が来るより先に野次馬が集まり城内は物々しい雰囲気になった。しばらくして来た警察や救急隊員がそれをかき分けるようにして入ってきた。元気は第一発見者という事で警察から事情聴取を受けて遺体発見の経緯を説明した。被害者は上田城内にある眞田丸神社の宮司を務めている富岡という男性である事が分かった。当初、遺体の状況から死因は溺死ではないかとみられていた。検死では刃物による深い刺し傷が背中に見られ、心臓への一突きが致命傷になったと判断された。殺害現場の上田城やその周囲をくまなく捜索したにも関わらず凶器に使われた刃物は見つからなかった。       
 元気は天狗についての本を、来年の春に出版する予定だ。それに向けて、調査や取材した内容を整理し、原稿を書いていた。
 大学卒業後、地元紙の記者として働いた後、数年前に、フリーライターとして独立した。
 記者時代は、文化部に勤務し、主に、信州の歴史、文化、風習、神話、伝説などを取材して、記事を書いていた。いろいろと取材している内に、もっと深く調べて本を書いてみたいという情熱が抑えきれなくなり、脱サラをした。
 しかし、現実は甘くはなかった。独立して分かった事だが、自分がフリーライターだと知っている人間は、家族や親しい知人以外に殆どいない。交換日記じゃあるまいし、家族や知人から執筆の依頼が来ることはない。
 出版社に、本を書きたいと話を持ち込んでも、何だこの生意気な若造がという目で見られて、相手にされない。フリーライターという肩書きは、自由を連想させて、響きはいいが、実際にやるとなると、これほど厳しいものはない。
 何度か心が折れそうになったが、何とか踏ん張って、記者時代の人脈などを”つて”にして、雑誌や企画本の記事の仕事を、少しずつ取れるようになった。
 フリーの立場となって経済的には厳しかったが、自分が興味があったお祭や伝説の取材に、たくさん時間を取れたのは良かった。それを活かして、新聞社に企画を持ち込み、地元紙の文化欄に、信濃の国の天狗というコラムを、週一で連載する仕事をもらえた。
 そして、ようやく、念願だった一冊目の本を出せる事になった。タイトルは「天狗の国」の予定で、出版部の担当者とネーミングを詰めている所だ。

 思い返せば、ここ数年、天狗の祭りや伝説があるという様々な場所に取材で足を運び、信州を駈けずりまわった。取材を通じて、信州には天狗に縁がある場所がとても多い事を知り、驚いた。
 飯山や戸隠を始めとした北信州で行われている巨大な松明を灯す柱松祭、遠山郷などの南信州で行われている湯立て神事を行う霜月祭、と天狗にちなんだ祭りがとても多い。また、天狗伝説は、日本三大天狗として名高い飯縄権現を始め、浅間山の天狗、皆神山の大天狗、千曲天狗と、一つ一つ挙げると切がないほど、たくさんの伝説が信州にある。将に、信州は「天狗の国」だ。

 朝から根詰めて、ようやく原稿を仕上げることができた。午後に予定されている出版社の担当者との打ち合わせに、何とか間に合わってほっとした。
 少し遅くなったが、昼飯は、近所の蕎麦屋に行って食べる事にした。
 打ち合わせの場所も蕎麦屋から近かったので、原稿をカバンに入れて、出かけた。
 自宅から蕎麦屋までは、散歩がてら上田城跡公園を歩いて向った。空は澄み渡り快晴だったが、信州上田の冬風は冷たかった。
 花見の頃は多くの人で賑わう上田城も、冬は人も疎らで閑散としている。散歩する身としては、のんびり歩けるのでちょうどよい。

 上田城は、16世紀の後半に戦国武将の真田昌幸によって築城された。戦国武将として有名な真田幸村の父で、豊臣秀吉に”表裏比興の者”と評された智謀の将だ。上田城で、徳川軍の侵攻を二度も撃破し、その知略と武勇を天下に知らしめた郷土の誇りだ。

  

 園内をのんびりと歩いていると、数羽のオナガが「ギャー、ギャー」と濁った声で鳴きながら、飛び去って行った。黒い頭に、薄青色の美しい羽と長い尾。美しい姿とは裏腹に、声は汚い。天は二物を与えないというが、将にそれを体現しているかのような野鳥だ。
 公園の一画ににある「壱千本さくら」という蕎麦屋に入り、六紋銭そばを注文した。風味が豊かで、喉越しが良いので、大のお気に入りだ。そばの香りを楽しみながら食べてから、そば湯をたっぷりと飲んで、お腹がたらふくになった。

   

 暖房の効いた店内にいると、最近、原稿を仕上げる為に寝不足の生活が続いていた事もあり、眠くなってきた。打ち合わせ前に、軽く昼寝をしておくのも悪くない。店の方からすれば、昼の書入れ時に店内で寝られるのは迷惑だと思うが、冬の平日と言う事もあり、客も疎らなので問題ないだろう。
 座敷席に座ったまま、壁を背凭れにして、仮眠を取った。  

第1章 終了

第1巻(上田城殺人事件)を読んでみる


→ 第2章 初恋の人 へ

→ このページのトップへ戻る



= 関連リンク =
★松坂桃李、真田昌幸、真田幸村 を応援しています

朝比奈颯季 ネット小説の著作権は小説の作者に帰属します。当Web siteに関する著作権は当Web siteの作成者に帰属します。リンクフリー / Link Free 
Copyright(C) The author of the novel (Asahina Satsuki ) All Rights Reserved.